緊急事態宣言発出中(9月30日(木)まで)における市立図書館のサービス内容の変更について

緊急事態宣言発出中(9月30日(木)まで)における市立図書館のサービス内容の変更について

 本市図書館は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、国の緊急事態宣言の発出及び都の緊急事態措置を踏まえ、一部サービス内容を変更・休止して開館継続しております。
  
 ※閲覧可能な席数は、引き続き本来の半分程度とします。
 ※武蔵野プレイスに関しましては、引き続き午後8時までの開館です。
 ※ご来館の際は、なるべく短時間でのご利用にご協力ください。
  
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、引き続き利用者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 

7月12日(月曜日)から内容を変更したサービス

  • 以下の部屋及び席の利用を市民(市内在住・在学・在勤)に限定します。

    ・ 中央図書館:グループ学習室(2階)、閲覧席(3階)
    ・ 吉祥寺図書館:まなびとつどいのへや(2階)

      ※中央図書館「グループ学習室1」は引き続き利用できません。

  • 中央図書館1階児童コーナーの閲覧席とおはなしの部屋は、ご利用いただけません。
  • 「おはなしかい」につきましては、すべて中止になりました。

引き続き、利用できる主なサービス

  • 最新号の雑誌、新聞の閲覧
  • 資料の検索
  • 資料の貸出(他自治体から借用した資料を含む)
  • 資料の返却(CD・DVD・ビデオなどのAV資料、他自治体から借用した資料を含む)
  • 利用者登録(新規登録・変更登録)
  • 所蔵資料の予約
  • 未所蔵資料のリクエスト受付
  • レファレンスサービス
  • インターネット利用パソコン
  • 書架への立ち入り
  • 書庫資料の用意 (中央図書館のみ)
   ※館内の滞在時間を少なくするため、事前に予約し、ご用意できてから来館いただくよう、ご協力をお願いします。
  • 拡大読書器
  • リサイクルコーナー(保存期限の過ぎた雑誌等をお持ち帰りいただけます。)
  • イベントにつきましては、一部中止しております。詳しくは、ホームページのイベント情報でご確認ください。

引き続き、休止する主なサービス 

  • AVブース(中央図書館のみ)
  • 冷水機